みずほビル

家づくり

Step1) 長期利用  丈夫で長持ちする
   住まいの基本性能を備える
Step2) 将来成長  将来のライフスタイルの変化に対応できる
   自由度の高いプランを考慮する
Step3) 環境対応  エネルギーを大切にする
   住まいづくり

 

     長期利用とは?

 住まいは丈夫で長持ちすることが基本です。
 そのためには、次の基本性能を新築時から考慮しないと、リフォーム段階で多大な費用がかかったり老朽化が進むことになります。
   耐久性に優れた住まいづくりには、床下・小屋裏の換気、外壁の通気、十分な高さの床下空間等の検討が必要です。
   将来のメンテナンスのために、床下・小屋裏点検口の設置や点検・交換が容易な配管・設備機器とし、建設事業者のメンテナンス内容についても十分な確認が必要です。
   安全安心のためにも耐震性の高い住まいとする必要があります。

 

部屋の間取り
     将来成長とは?

 新築時から希望の広さや間取りとすることが理想ですが、事情によって実現することが困難な場合は、住みな がら、家族の成長に合わせて手を加えていくという考え方もあります。
そのための工夫の一例として
   間仕切壁は最小限とし、自由空間を広くとり、将来の成長に合わせて必要なときに仕切れるように考える。
   住まいの大きさは、負担できるコストに大きく左右されます。吹き抜けや小屋裏空間を将来居室として 使えるように考慮したり、増改築を想定した計画とする。
   段差の解消や手すりの設置、スロープの設置など新築時から高齢化に備えたバリアフリー化を考慮する。

 

部屋の間取り
   環境対応とは?

 東日本大震災で改めてエネルギーを大切にしなければならないことが痛感されました。
 そのための対策として次の省エネルギー対策が必要です。
   屋根や外壁、窓などの断熱性能を高めたり、庇の設置や風通しを工夫するなどにより省エネ効果を向上させる。
   給湯器、暖冷房、照明なども省エネルギー性の高いものを考慮しましょう。
   太陽光発電、蓄電装置などエネルギーを作る、蓄えるなども可能な範囲で新築時に考慮しましょう。なお、新築時に設けられない場合でも将来設置できるような工夫も必要です。

 

 

 

部屋の間取り 住宅の居住時のエネルギー消費を削減するためには、地域の 気候特性や住まい方に配慮して、建物の断熱性能や日射遮蔽性 能の向上、自然風・太陽熱などの設備の効率化などの技術を、 適切に選択することが大切です。省エネルギー化は、快適性の 向上や光熱費の削減にもつながります。